経営研究リポート

MJS税経システム研究所・経営システム研究会の顧問・客員研究員による中小・中堅企業の生産性向上、事業活性化など、経営に関する多彩な各種研究リポートを掲載しています。

958件中 (1 - 10件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ > 最後 >>
1 はじめに 12回に渡って執筆して参りましたFinTechの具体例を学ぶ本稿シリーズもいよいよ最終回となりました。この間、筆者が代表を務めるDANベンチャーキャピタル㈱は、2016年7月末に第一種少額電子募集取扱業者として登録され(登録番号:関東財務局長(金商)第3000号)、9月より株式投資型クラウドファンディング業務を開始。GoAngelと命名した専用WEBサイトを開設し、2018年2月末までに5社の中...
1.はじめに 本テーマ「経営者のための仮想通貨入門」①で、仮想通貨の出現や普及は経営環境の変化と捉えなければなりません。変化に対応できない企業はやがて経営が停滞、衰退しますと、主張しました。この主張を入り口にして、経営の内部・外部環境の分析手法を展開しましたが、読者やセミナー受講者の反応が良くありません。やはり仮想通貨に対する関心の大半が投機やマイニングといった直接的な儲け話と思えます。健全な経営者は、投機などの儲け...
お願い 本レポート執筆時には、まだ詳細な点数や疑義解説は出ていません。したがって、本レポートの内容は、厚生労働省の発表内容でご確認ください。 1.外来編 □かかりつけ医の普及について 今回の診療報酬改定の視点のひとつに「地域包括ケアシステム」の推進があります。この地域包括ケアシステムの重要な役割が、「かかりつけ医」です。日本では、国民皆保険制度の影響もあり、患者の自費負担に大きな差がないため、...
1.はじめに 銀行金融機関に勤務した経験を持つ企業経営者は限られている。そして金融機関と融資取引をせずに経営できる企業も限られている。企業から見たとき、融資をいかにしてうまく引き出すかは存立を左右することもある重要な課題だ。しかし、それにもかかわらず、経営者にとって銀行金融機関の融資業務(審査を含む)についての情報は極めて少ない。当然のことながら、融資は企業自らの意思決定で行われない。他者の意思決定で実行される。だか...
1.連携におけるぶつかりやすい10の壁の自己診断シート 前回で事業会社と研究開発型ベンチャーとの連携におけるぶつかりやすい10の壁について、ステップ1~4に分けて整理しましたが、これをベースに「自己診断シート」もガイドラインの中で提示しています。下記の図表は、事業会社やベンチャー企業が「壁」と答えた割合ですが、ガイドラインでは、各自自己診断していただき、壁の有無にかかわらず、壁を解決するための「ベストプラクティス」(...
トランプ米政権が核戦略見直し(NPR)で打ち出した小型核兵器の開発、相変わらず膠着状態にある北朝鮮情勢など不穏な動きが多いなか、日本人の国防意識の強化や憲法改正が急務だ。政府主導で広く情報共有を行い、国民的議論を深める必要がある。 ○揺らぐアメリカの軍事戦略 2月半ば、ペンス米副大統領はトランプ政権の北朝鮮政策について、対話には前向きとの考えを示しながらも、あらためて「北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対処するため...
1.はじめに 現在開会中の通常国会において議論されている働き方改革法案をめぐり、「裁量労働制」という言葉を耳にする機会が多くなっています。端的にいえば裁量労働制は「働いた時間ではなく成果で働きぶりを評価する」ものなのですが、マスコミを通じた「街の声」に触れてみると、裁量労働制そのものが必ずしも正しく理解され、運用されているとは思えない事例をいくつも見かけることとなりました。 社員の労働時間や休暇・休日を管理す...
本稿の要旨 法的整理の弊害を回避し、事業再生をスムーズに進めるためには、どうしても債権者の協力が必要になります。債務超過を解消するためには債権放棄を受けることが最も効果的ですが、中小企業のために銀行が債権放棄に応じることは困難です。債権放棄が容易でない中で、仮差押えを避けるため取引口座を変えたところで不十分です。口座の変更は一時的な避難にすぎません。ここでは事業再生における債務者の防衛行動と各種の制度について整理しま...
本論の続きです。 (3)将来キャッシュ・フローに対するリスク評価 ②人件費 (ア) 人件費の概要 ×1年3月期から×3年3月期までの調査対象グループの売上高および人件費の推移は以下のとおりである。 (単位:百万円) 調査対象グループ ×1/3 ×2/3 ×3/3 社員給与 ...
1 はじめに 前回は最もポピュラーなクラウドファンディングである「購入型」クラウドファンディングを紹介しました。プラットフォームの運営に金融商品取引法の制約を受けないことから、多くのプラットフォームが開設されています。寄付型とともに「非投資型」と整理されています。 これに対して、貸付型、ファンド型、株式型の3つのタイプに分類される「投資型」クラウドファンディング。このうち貸付型についてはソーシャルレン...
958件中 (1 - 10件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ > 最後 >>