インフォメーション

かんたん!シリーズバージョン10をご利用のお客様へ
2017/12/21 インフォメーション: 連絡

日頃は「かんたん!シリーズ」をご利用いただき誠にありがとうございます。

さて、日付の入力方法で、「和暦」設定をご利用されている場合、伝票入力時や、日付指定を行う箇所で平成30年(1月1日)以降の日付入力が行えないため、「和暦」設定にて引き続きご利用できるよう、バージョン10のアップデートプログラムにて対応を行っております。(最新バージョン11では既に対応済みです。)

つきましては、対応バージョンのアップデートプログラム取得方法についてご案内いたします。

なお、「西暦」設定ではバージョンにかかわらず、2018年以降も入力が可能です。

西暦設定に変更される場合は、『5.「和暦」から「西暦」への設定変更方法について』を併せてご参考ください。

1. ご利用製品のバージョン確認方法

製品を起動し[ヘルプ]メニューの[バージョン情報]からご確認できます。

2. 対応バージョン一覧

製品名 対応バージョン 更新日
かんたん!法人会計10 10.0.003.0 平成29年1月23日
かんたん!会計10 10.0.003.0 平成29年1月23日
かんたん!青色申告10 10.0.003.0 平成29年1月23日
かんたん!販売仕入10 10.0.001.0 平成29年1月23日
かんたん!給与10 10.0.004.0 平成28年11月30日

3. TVS会員のお客様の対応バージョン入手方法

TVS会員のお客様は、本サイトの[差分プログラムダウンロード]から入手することができます。

4. 顧問先の対応バージョン入手方法

お客様専用サイト『MyPage』から入手することができますが、アップデートプログラムの更新日時点でサポート期限内であることが必要です。

◎現在「あんしん!サポート」にご加入いただいている場合
[製品ダウンロード]からバージョン11にしていただくことで対応できます。
※「かんたん!給与10」のアップデートプログラム10.0.004.0は、デジタルコンテンツ欄から取得できます。

◎現在「あんしん!サポート」にご加入されていない場合
ご利用製品のサポート期限によっては、アップデートプログラムまたは上位バージョンへバージョンアップが可能な場合がありますので、お手数ですが、『MyPage』にログインして、ご確認ください。

[MyPage]サポート期限が終了している場合の画面イメージ

※対応バージョンまたは最新バージョン11を入手できない場合は、西暦に切り替えてご利用いただくか、「あんしん!サポート」へ加入いただき、最新バージョン11でのご利用をご検討ください。

※MyPageのご利用や対応バージョンの確認方法についてのご不明点は、『かんたん!シリーズカスタマーサービスセンター』で顧問先からも直接対応させていただきますのでご利用ください。

かんたん!シリーズカスタマーサービスセンター

TEL:0570-783-638 FAX:0570-009-369

平日10:00~13:00/14:00~17:00[土・日・祝日・弊社休業日を除く]

※ナビダイヤルではご加入の各種サービスが適用されない場合がございます。ご利用できない場合は、

TEL:03-5362-7709 FAX:03-5368-2851をご利用ください。

メールでのお問い合わせフォーム http://miroku.mjs.co.jp/support/contact

5. 「和暦」から「西暦」への設定変更方法について

製品名 変更メニュー
かんたん!法人会計 [台帳]メニューの[会社情報]-[設定情報]の日付の入力方法で切り替えます。
※NX-Pro会計大将と連動データでご利用の場合には直接変更できません。
変更方法については、「和暦から西暦への変更方法」をご参照ください。
かんたん!会計 [台帳]メニューの[会社情報]の日付の入力方法で切り替えます。
かんたん!青色申告 [台帳]メニューの[会社情報]の日付の入力方法で切り替えます。
かんたん!販売仕入 [台帳]メニューの[会社情報]-[基本情報]タブの日付の入力方法で切り替えます。
かんたん!給与 [設定]メニューの[会社情報]-[一般]タブの日付の入力方法で切り替えます。

6. バージョン9以下でご利用の場合について

バージョン9以下では、対応プログラムのご提供は行っておりません。

ただし、サポート期限によっては、バージョン10またはバージョン11へ無償バージョンアップが可能な場合がありますので、一度MyPageでご確認ください。

7. 対応バージョン以前で平成30年以降の日付入力を行った場合の影響について

●「かんたん!法人会計」の例

・振替伝票や入出金伝票で入力した際、日付欄では赤字で表示され、登録時にエラーメッセージが表示され登録できません。

・仕訳帳や各帳簿入力の場合、平成30年以降の日付入力が可能ですが、元帳では日付での範囲指定で平成30年以降を指定できません。

●「かんたん!会計」「かんたん!青色申告」の例

各帳簿、各伝票入力画面で以下のエラーメッセージが表示されます。

●「かんたん!給与」の例

・賞与データ作成時の支給日の登録時に以下エラーメッセージが表示され作成できません。

・社員設定における本人の「入社日」や「生年月日」、扶養親族の「生年月日」の登録で、平成30年以降の日付入力を行うと昭和30年として登録されてしまいます。

●「かんたん!販売仕入」の例

伝票入力において登録時に以下エラーメッセージが表示され登録できません。